出願業務

出願業務

発明に関する説明書・図面・提案書等に基づいて、ご依頼全件について、発明者・知財ご担当とミーティングを行います。そのミーティングの中で、発明者・知財ご担当と権利化すべき発明のポイント及びクレーム設計の基本方針を確定させます。そして、その打合内容をベースとして明細書・図面を作成致します。この際、必要に応じて先行例調査を行い、先行技術を踏まえて発明の特許性を検討し、権利化の方針をご提案致します。

私達は、この発明者・知財ご担当とのミーティングを特に重要視しております。発明者の思い・知財ご担当のご意向を汲み取り、このタイミングでできるだけ多くの情報を引き出し、これらを出願明細書に最大限反映させるよう努めます。

また、こうして作成する出願明細書の内容がその後のすべての権利化業務のベースになりますので、出願当初から、中間業務や外国出願等を考慮して明細書を作成することを心がけております。

このように、私達は出願段階から、真に独占排他権として機能する特許権を世界規模で統一的に取得・確立することを念頭におき明細書作成を行います。

国内出願業務

出願に際しては、原則として全件ミーティングをさせていただきますが、それにとどまらず、発明顕在化のためのブレーンストーミングへの参加や検討会の運営支援も致します。発明のコア思想の明確化、発明の多面的な拡張・展開についての議論を通じて、出願内容をブラッシュアップするお手伝いを致します。
私達の事務所は、数十名規模の特許事務所ながら、特許出願の権利化に特化してサービスを提供することにより、あらゆる技術分野に対応する体制を敷きつつも、出願前に、きめ細かく十分なサービスを提供するよう努めております。

外国出願業務

通常の国内出願に基づくパリ出願・PCT出願の他、PCT英語出願、米国仮出願等もご支援致します。更には、英語・中国語・韓国語による現地発明の明細書作成、出願等も幅広くサポート致しております。

Washida Global Network
私達は主要各国の代理人と特別な合意を交わし、効率的かつ効果的な特許出願サービスを提供致しております。
アメリカでは、私達の米国事務所であるWashida IP GroupとBrundidge & Stangerが統合し、Brundidge・Stanger・Washida IP Groupとして、米国出願をサポート致します。東南アジアでは、各国に拠点を有する事務所と提携し、ワンストップサービスを提供致します。また、欧州、中国、韓国、インド他、世界各国での特許出願サービスも現地代理人と協力して特別料金でご提供致します。